上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
 ← 暑くなってきましたね | TOP | な、なにがあったというんだ・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 | (-) | (-)


トッキュウジャー 第12駅 虹の定期券 感想  と第11駅も少し 

2014年05月12日 ()
胸熱でした。
(`□ω□´)




最近ドキドキハラハラ展開の鎧武とは変わって、まだ序盤ですしトッキュウは何があっても安心して見れますね。

そして何より今回のお話の前後編をつとめたのは第1,2駅を担当した中澤祥次郎 監督です。
(スペシャルは置いといて。)


ランプシャドーとの最初のコメディチックな戦闘と会話。
そしてみんながそれぞれ大人になってしまっている
しかし皆は必ず来る。

どのシーンをとってもすごいいいものでした。


パスが見えてないだけで最初からみんな持っていたというのもすごい好きな展開です!


そしてよかったのが本編が濃かったせいか超トッキュウオーのお披露目もくどくならなかったことですかね。
(最近ライダーの新フォーム商品売るためとはいえ登場がくどい気が・・・
そのせいで本編が薄い回とかあるし。ウィザードとかウィザードとかetc・・・)



※以下よりまたイマジネーションが大幅に混じってきますので信じな いでください。
 ただの妄想です。


今回特に注目したのが何故か戦闘中の空でしたね。


何でかってゆうと、
少し時間を戻してライトが一人ベンチで座っているシーン。
あの女の子がぬいぐるみを捨てちゃうところですね・・・
( (´;ω;`)関係ないけど、子供が敵の催眠とかにかかってこういう行為をするとき何故かアワワ・・ってなって悲しくなってくる)


あのシーン。カットによってベンチの濡れ方が違うんですね。

最初は途中で雨が降ったんだな程度しか感じませんでしたが、のちの展開で四人がライトのもとに来るシーン。
あそこの丘でかな~りいい感じに晴れてくるんですね。
それこそ曇りや雨が降った後の太陽が顔を出す感じで。

それを狙って曇りの日にやる意味があった。
で撮影してたらそのとうり降られちゃってってかんじでしょうか。

実際の事知ってる人がいたら教えてください。


演出等で天候に左右される特撮の現場。
過酷です・・・
一番好きな裏話は龍騎で人工雨やってたら雷が実際に鳴ってすごいいい画が撮れたってやつかな。



そしてちょい前回もあわせて。


ライトがご飯を食べているところに皇帝が来るシーン。

あそこでライトは木陰に入っててゼットに光が当たってるんですね。
いい感じに風船がキラキラ反射して顔に光があるのもいい感じ。

そしてここから。
ゼットが「ずっと暗いとこにいた」と自分で語るところからカメラの位置も逆になりゼットが陰りライトに光が当っているんですね~
これは偶然だとは言わせませんよ!

狙ってやったでしょう!

いい画をとるんだからも~!!

流石です!


中澤監督はゴーバスの三人の気持ちがそろう前とそろってからで立ち位置を変え、役者の距離感がばらばらから正三角形の位置関係になるようにこだわったとゆう話を聞いたせいか、最近スゲーいい撮り方するなと思うようになりました。 ※Mission4のコメンタリーより


もちろん。ほかの監督の方々もこだわっているのは重々承知ですから。そこはあしからず。




さいごに
「見た目はあてになんね~よ」

闇の皇帝ゼットの前回のセリフです。

トッキュウジャーは乗り換えにより見た目が変わります。
そしてイマジネーションって結局みえないものですよね

小林さんは今後この目に見えるだけがすべてでないというテーマでどう話を進めていくのでしょう?
非常に楽しみになってきました。


しかしもう1クール経ったんですね。
6人目って出てくるのかな?(すっとぼけ)



関連記事
スポンサーサイト
18:36 雑記 | (0) | (0) | 


 ← 暑くなってきましたね | TOP | な、なにがあったというんだ・・・

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 暑くなってきましたね | TOP | な、なにがあったというんだ・・・